ペット保険の基礎知識

高齢のペットでもペット保険に加入・更新できる?

2020年6月10日

飼っているペットが高齢になるにつれて病気やケガの心配が増えてきます。公的医療保険がある人間と違い、ペットの治療費は全額自己負担なので病気やケガをしたら高額な治療費が必要となることもあります。そうした場合に備えて入っていると安心なのがペット保険なのですが、高齢になってしまった後でもペット保険は加入できるのでしょうか。

新規加入は多くの会社で8歳~12歳まで

ペット保険に新規加入できる年齢の上限は保険会社によって異なりますが、おおむね8歳~12歳で設定されています。犬や猫の平均寿命は15歳前後であり、8歳にもなると中高齢期に分類されます。犬や猫も高齢になると病気にかかりやすくなるので、新規加入が制限されてしまうのです。「高齢になったし、そろそろ保険に加入しよう。」という考えだと選択肢がかなり少なくなってしまうので注意が必要です。

更新は終身継続が多い

新規加入は一定の年齢で制限されてしまいますが、更新は終身できるという保険会社が多いです。しかし、一部の会社では更新できる年齢に上限がある場合もあります。加入時には何歳まで更新ができるかということも確認しておきましょう。

1点終身という言葉で気を付けないといけないのが、人間が入る保険で終身というと加入してから死亡するまで更新がなく保険料が変わらない保険を指していることが多いですが、ここでいう終身とは更新できる年齢に制限がないということです。したがって、更新のたびに更新時の年齢で保険料が計算されるので、次第に保険料が上がっていくことになります。

驚く犬
ペット保険の「終身」は人間の保険の「終身」とは違う!?

ペット保険は新規加入できる年齢に上限があることがほとんどですが、加入後は終身継続できるものが多いです。ここで一つ注意が必要なのが、「終身」から来るイメージです。 ...

続きを見る

正確な年齢がわからない場合は?

捨てられていたのを拾ったり保護されたのを譲り受けたりした場合など、ペットの正確な年齢がわからないという場合もあると思います。そうした場合でも、保険会社によっては推定年齢を申告することで加入することができます。推定年齢については動物病院で調べてもらうことが可能です。

動物病院で調べてもらう推定年齢で何年に生まれたかはわかりますが、ペット保険に加入する場合は何月何日かまで必要となります。正確な日付がわからないという場合には自宅に迎え入れた日や何月かまで分かっている場合はその月の1日を記入するという対応をとっている保険会社が多いようです。

ペット保険に加入するのに正確な年齢がわからないという場合には一度保険会社や動物病院に相談してみましょう。

高齢でペット保険に入る場合の注意点

ペットが高齢になってからペット保険に加入する場合の注意点を紹介します。

持病によって加入できない可能性もある

ペットが高齢だという場合、加入時にはすでに持病を抱えていることもあります。そうした場合、人間の保険と同様に特定の病気や部位の補償を受けられないという条件が付いたり、そもそも保険に加入できなかったりする可能性があります。また、条件付きではなく通常の補償内容で契約できたとしても、ペット保険に契約する前からの病気やケガの治療については補償の対象外となっています。高齢になってからでは希望通りの補償内容で契約できないかもしれないということは理解しておきましょう。

待機期間中の病気は補償されない

ペット保険の中には待機期間の設定があるものもあり、この期間中に病気になってもペット保険の補償を受けることができません。ペットがまだ若いうちであれば病気で治療を受ける確率も低いので待機期間がネックとなる確率も低くなるのですが、高齢となると病気になる確率も上がり、この期間中に治療を受けるという確率も上がります。契約前に待機期間はあるのか、ある場合はどれだけの期間なのかしっかりと確認しておくようにしましょう。

待機期間
ペット保険の待機期間とは?なぜ待機期間があるの?

「ペット保険に加入したから万が一病気になっても、もう大丈夫!」という考えは少し危険かもしれません。なぜなら、ペット保険には「待機期間」というものがあるものもあり ...

続きを見る

高齢の場合、保険料が高い

ペット保険は年齢以外の条件が同じであれば、0歳~1歳の時期を除き、基本的に年齢が高いほど保険料も高くなります。ペット保険に加入しようと思ったら思っていた以上に保険料が高かったということになるかもしれません。なお、若いうちから入っても更新によって保険料が上がっていくので、高齢になってから加入した場合のデメリットというわけではありません。

まとめ

ペット保険の新規加入できる年齢の上限は保険会社によって異なりますが、おおむね8歳~12歳で設定されています。更新は終身できるという会社が多いので、できることなら7歳までにペット保険に加入しておきたいです。それ以降では加入できるペット保険が少なくなってしまいます。とはいえ、高齢でもまったく加入できないというわけでもないので、大切な愛犬・愛猫のためにも、そして万が一の時の家計のためにもペット保険の加入を検討しましょう。

  • この記事を書いた人
アバター

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険のみならずペット保険に関する様々なお役立ち情報も提供しています。

最短3秒 ペット保険を比較する

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved