ペット保険の検討には一括資料請求がべんり!

SBIホールディングス

メニュー

補償開始時期を確認しましょう!

ペット保険に加入したからもう明日から安心、と思うと危険かもしれません。

ペット保険は加入してからも待機期間が設定されていることがあるからです。

待機期間とは

待機期間というのは補償開始から一定期間(期間は保険会社によって異なります)はケガ以外の病気に関する補償がされないというものです。

なぜ待機期間が設けられているのでしょうか。

例えば、ネコちゃんの体調が悪いことに気が付いてすぐにペット保険へ加入し、保険金を受け取った方がいたとしましょう。

このような方が多くいると保険会社は多くの保険金を支払うことになります。

そもそもの保険についての成り立ちに関わってくるのですが、保険は相互扶助を基礎としています。

相互扶助というのは簡単に言えば、みんなで少しずつお金を出し合って積み立て、誰かに万が一のことが起こったときに積立金からお金を出すような事例を指します。

みんなで助け合いましょうというものですね。

なので、保険に入って間もない方の多くが保険金を請求してしまうと、保険会社にとって収入と支払のバランスが崩れてしまって運営がままならなくなるというわけです。

このような理由で待機期間が設けられています。

待機期間が終了したあとも・・・

また、待機期間が終了してからの病気についても補償対象外になるケースがあります。

それは待機期間内に既に病気が発症しているケースです。

また、保険会社によっては申込みから補償開始日までの期間を一定あけることで対策を取っていることもあるようです。

このようにワンちゃんやネコちゃんの体調が悪くなってからペット保険に加入しても補償対象外になってしまうことが多いようですので、ペット保険は早めに検討を進めた方が良いのかもしれません。

その際には、待機期間や補償開始日をしっかりと確認しましょう。

一括資料請求スタート