ペット保険の基礎知識

ペット保険の「終身」は人間の保険の「終身」とは違う!?

2020年6月10日

ペット保険は新規加入できる年齢に上限があることがほとんどですが、加入後は終身継続できるものが多いです。ここで一つ注意が必要なのが、「終身」から来るイメージです。人間の終身医療保険や終身がん保険のようなイメージでペット保険に加入すると1年後にびっくりすることになるかもしれません。

ペット保険はどんな保険?

ペット保険とは、ペットが病気やケガで治療を受けた場合にかかった費用を限度額や一定割合の範囲内で補償する保険です。ペットには人間の公的医療保険のような制度はないため、治療にかかった費用は全額自己負担となってしまいます。治療内容によっては思わぬ高額な費用負担となってしまう可能性もあります。ペット保険に加入していれば、一定の費用については保険から補償を受けることができます。

マスクをした犬
ペット保険は必要?そもそもどんな保険なの?

家族の一員でもある大切なペットですが、ペットも病気やケガで治療が必要な場合もあります。しかしそうした場合、ペットには人間のような公的医療保険がないので3割負担で ...

続きを見る

ペット保険は終身継続できるものが多い

ほとんどのペット保険では新規加入できる年齢に上限があります。上限は保険会社によって異なりますが、おおむね8歳~12歳で設定されています。犬や猫の平均寿命は15歳前後であり、8歳にもなると中高齢期に分類されます。犬や猫も高齢になると病気にかかりやすくなるので、新規加入が制限されてしまうのです。

老犬
高齢のペットでもペット保険に加入・更新できる?

飼っているペットが高齢になるにつれて病気やケガの心配が増えてきます。公的医療保険がある人間と違い、ペットの治療費は全額自己負担なので病気やケガをしたら高額な治療 ...

続きを見る

しかし、一度契約した後は年齢制限なく終身継続できるものが多いです。高齢になるとペット保険の出番も増えるので、高齢になっても続けられるというのは良い点でしょう。ただし、中には継続できる年齢に上限があるものも存在しますので契約前に何歳まで継続可能なのかは確認するようにしましょう。また、年齢上は終身継続可能であっても更新のたびに審査があるペット保険もあります。その場合、健康状態が悪化していれば継続できないということもありますので注意しましょう。

人間の終身医療保険や終身がん保険との違い

ペット保険は終身継続可能なものが多いですが、ここでいう「終身」は人間の終身医療保険や終身がん保険などから来るイメージとは異なります。人間の保険の終身は保険期間(契約期間)が終身(一生涯)で、保険料が契約してからずっと変わりません。それに対して、ペット保険でいう「終身」は更新が年齢制限なく終身可能という意味で使います。ペット保険の保険期間は1年が主流で、毎年毎年更新していくのです。保険料は更新時の年齢で計算されるので、最初は安くても年齢を重ねることで次第に高くなっていきます。また、更新時に審査がある保険会社では年齢上は更新できても健康状態などによって更新できないこともあり得ます。ペット保険の終身とは更新できる年齢に上限のない定期保険という理解が必要です。

ペット保険人間の終身保険
保険期間1年が多い終身
保険料更新のたびに上がることが多い契約後は変わらない
更新可否審査によって更新できないこともある更新はない

まとめ

ペット保険は新規加入には年齢の上限があることがほとんどですが、加入後は終身継続可能であるものが多いです。しかし、ここでいう終身とは、更新できる年齢に上限がないという意味です。人間の保険のように保険期間が終身で保険料が変わらないというような意味ではないので、加入1年後に更新で保険料が上がっていても驚かないようにしましょう。

  • この記事を書いた人
アバター

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険のみならずペット保険に関する様々なお役立ち情報も提供しています。

最短3秒 ペット保険を比較する

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved