ペット保険の検討には一括資料請求がべんり!

SBIホールディングス

メニュー

ペット保険の補償範囲って?

ペット保険で主に補償対象となるのは「通院」「入院」「手術」の3つです。

通院補償

ケガや病気が補償の対象となります。通院補償に入っていれば、ちょっとしたことでも金銭的な心配がなく安心して通院することができます。

これによって病気の早期発見にもつながるかもしれませんね。

入院補償

自宅での治療が厳しくなった場合でも、入院補償があれば安心です。

動物病院に入院しての治療についても補償範囲内となります。

手術補償

手術が必要となった場合でも、費用の心配なく手術を選択することができます。

 

ペットも人間と同様、医学が進歩したことによって寿命が長くなってきています。これはワンちゃんやネコちゃんを飼っている方にとって、とても嬉しいことですね。

でも、これも人間社会と同様になってくるのですが、長寿化に伴ってペットの医療費も高額になってきているようです。その点から見てもペット保険による万が一の備えはとても大切です。

その万が一の備えがペット保険となります。まずは基本の3つの補償があれば、大切なワンちゃん・ネコちゃんに何かがあっても、安心して治療に専念できますね。

ペット保険には他にもさまざまな補償があるようですので、詳しくは保険会社に問い合わせてみるのが良いかもしれません。

ちなみに、ワクチン接種などの予防費は補償対象外になることがありますのでご注意ください!

一括資料請求スタート