ペット保険の検討には一括資料請求がべんり!

SBIホールディングス

メニュー

補償割合ってなに?

ペット保険に入るときには「補償割合」を確認することがとても大切です。

補償割合はワンちゃんやネコちゃんの治療に実際に掛かったお金に対して、何%の保険金が支払われるのかを示したものになります。

50%、70%、加えて100%などのプランがあるようですが、保険会社によってラインナップは異なってきます。

ご参考までに50%、70%、100%のプランで支払われる保険金を計算してみたいと思います。

計算例

入院日数:5日間   費用:10,000円

通院日数:10日間   費用:5,000円

→(5×10,000円)+(10×5,000円)=100,000円

治療に掛かる費用は100,000となります

補償割合別の保険金の支払額は以下のとおりとなります。

補償割合50% :100,000円×50% = 50,000円

補償割合70% :100,000円×70% = 70,000円

補償割合100% :100,000円×100% = 100,000円

どの補償割合がいいの?

こうしてみると、補償割合100%の保険に入った方がいいと考える方もいるでしょう。

しかし、補償割合が高くなる程、支払う保険料も高くなる傾向にあるようです。

また、別のページにて説明をしますが、日数制限年間最高限度額利用回数免責金額などが関わってきますので、補償割合分が全て支払われないケースも出てくるようです。

詳しくは保険会社に確認してみるのが良いでしょう。

保険会社で用意されているプランのメリット、デメリットを見分け、ご自身の希望や状況にあったペット保険を選びましょう。

一括資料請求スタート