犬との暮らし

犬の皮膚病はどんな病気?愛犬を皮膚トラブルから予防しよう!

犬の皮膚病は動物病院への受診数も多く、犬がかかりやすい代表的な病気のひとつです。皮膚病による痒みや脱毛に悩まされている犬や飼い主は多いです。犬の皮膚病とは一体どのような病気なのでしょう。また、原因は何で予防法はあるのでしょうか。飼い主なら知っておきたい犬の皮膚病について紹介します。

犬の皮膚病とは

犬の皮膚病は、犬の皮膚に何らかの病変が起き皮膚にトラブルが生じている状態になります。皮膚を痒がっていたり、脱毛がある、かさぶたがあるなどの場合は何らかの理由により皮膚病を患っている可能性が高いです。愛犬の皮膚に異常が見られたら動物病院を受診しましょう。

犬の皮膚病の原因と症状

1.アトピー性皮膚炎

犬のアトピー性皮膚炎は、ダニやほこり(ハウスダスト)、花粉、特定の食べ物などの環境中のアレルゲン(抗原)に対する過剰な免疫反応が原因で皮膚にかゆみが生じ、痒みから皮膚を掻いてしまうことで皮膚に炎症が起こったり脱毛してしまう病気です。

アトピー性皮膚炎の特徴

1歳~3歳程度の比較的若い年齢の犬が発症する事が多いです。強い痒みのため痒みを伴う場所を掻きむしったり、痒い場所を舐めたりすることで皮膚に炎症や脱毛、色素沈着などの症状が発症してしまいます。

そのため、痒みを解消してあげる事が重要になります。アトピー性皮膚炎の完治は難しいと考えられており、生涯に渡って付き合っていく必要があります。何がアレルギー原因なのかを知り、継続して治療を行っていく必要があります。

【原因】

何かしらの物質に対してアレルギーがあり、その物質を吸収したり、触れたりすることで発症します。遺伝が関与していることが多いです。

【症状】

下記は痒い場所を痒みから解放するためにする行動です。痒い場所を掻いたり舐めたりすることで皮膚に赤みがでたり、炎症してしまったりします。

  • 舐める
  • 噛む
  • 引っ掻く
  • 擦りつける

【症状が出やすい部位】

  • 耳や顔
  • 足の指の間
  • 脇の下
  • お腹周り
  • 足や尻尾の付け根など

【発症しやすい犬種】

アトピー性皮膚炎は、遺伝的な要因が大きいためアトピー性皮膚炎になりやすい犬種も分かってきています。

  • ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア
  • シー・ズー
  • 柴犬
  • フレンチ・ブルドッグなど

予防と対策

予防法は、まず、第一にアレルギーのある物質を避けることです。室内環境を良くしたり、スキンケア対策、アレルギーのあるものは食べさせないなど生活環境の改善で予防しましょう。症状があるようであれば動物病院などから処方されている痒み止めで根気よく対応していく必要があります。

2.角化型疥癬(かくかがたかいせん)

疥癬(かいせん)とは、ヒゼンダニというダニが皮膚に寄生して起こる、かゆみを伴う皮膚の病気です。犬の場合は「イヌセンコウヒゼンダニ」が寄生することがほとんどです。角化型疥癬というのは、皮膚の最外層である角質層にこのヒゼンダニが寄生し、非常に多くのダニの寄生が認められる状態で分厚いフケなどが見られます。

角化型疥癬の場合、子犬や皮膚の免疫が弱い犬がかかりやすく、通常の疥癬は、年齢に関係なく感染する事があります。

疥癬/角化型疥癬(かいせん/かくかがたかいせん)の特徴

【原因】

主に犬同士の接触が原因で犬から犬に媒介します。ペットホテルやドッグラン、動物病院など犬同士のふれあいがある場所は気を付けましょう。

ヒゼンダニは犬の皮膚に虫道と言われるトンネルを作り寄生します。皮膚上で出したダニの排泄物や卵などが激しい痒みの原因となります。角化型の場合は非常の多くのヒゼンダニが寄生している状態で見た目に分かるため異変に気付きやすく発見も容易です。

【症状】

非常に強い痒みがあり、掻いたことで出血しても掻き続けるといった症状があります。疥癬は、最初に皮膚に赤いポツポツができることで異変に気が付きます。ヒゼンダニの寄生で重度の痒みが出る事が特徴です。

【発症しやすい部位】

ヒゼンダニは毛のない皮膚への寄生を好みます。

  • お腹
  • かかとなど

予防と対策

愛犬をヒゼンダニに感染させないためには、部屋の掃除や愛犬使用の毛布などの洗濯をこまめに行うなど、生活環境をきれいにすることと愛犬自身の定期的なシャンプーを行うなどケアをすることが予防になります。愛犬に痒みがあり、動物病院の診断により原因がヒゼンダニであれば、駆除薬で駆除する事ができます。

犬のヒゼンダニは稀に人にも感染します。犬のヒゼンダニが人へ感染すると腕や足などに痒みの強い痒疹(ようしん)やかさぶたのような痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)の症状が現れる事がありますが、犬のヒゼンダニは人の皮膚では繁殖ができず消滅していきます。一方、人が感染する「人のヒゼンダニ」もいます。人に寄生するヒゼンダニも犬と同じような痒みの症状が現れます。

3.甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)

犬の甲状腺機能低下症は、甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンが少なくなることによって起きる病気です。甲状腺はのどのあたりにある小さな臓器で甲状腺から全身に分泌される甲状腺ホルモンは全身の代謝を促進しています。そのため、甲状腺機能低下症を発症すると初期の症状として皮膚の色素沈着や痒みを伴わない皮膚の脱毛やベタつき、フケ、毛ツヤが悪いなどといった異常が見られるようになります。

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)の特徴

【原因】

甲状腺から分泌される全身の代謝促進のための甲状腺ホルモンが少なくなることによって起きる病気

【症状】

初期症状として、以前と比べて元気がない、疲れやすさなどの変化を感じるようになり、体の見た目では、皮膚の異変に気付くようになります。

元気がなかったり疲れているなどの症状は一過性のもののように思えますが、皮膚の異常などが見られるような場合には、早めに動物病院を受診しましょう。

  • 皮膚の異常
  • 元気喪失
  • 疲れやすい
  • 体重増加
  • 体温低下

【発症しやすい犬種】

甲状腺機能低下症は、中型犬から大型犬で発症することが多いようです。

  • コッカー・スパニエル
  • ゴールデン・レトリーバー
  • ラブラドール・レトリーバー
  • ドーベルマン
  • ボクサーなど

予防と対策

犬の甲状腺機能低下症の予防法は分かっていません。早期の発見で治療を開始するためにも定期的な健康診断を行いましょう。甲状腺機能低下症と診断された場合、甲状腺ホルモンの投薬で治療を行っていきます。

4.脂漏症(しろうしょう)

脂漏症は、犬によくみられる皮膚疾患です。犬の皮膚の機能が低下し状態が悪くなる事で犬の皮膚が脂っぽくなっていたり、乾燥しすぎていたりする病気です。脂漏症になると、フケが増加し皮膚に痒みが出るため犬が引っ掻いたり、舐めたりしてしまうことで皮膚に二次的な被害が出る事も多いです。

脂漏症(しろうしょう)の特徴

脂漏症の原因は大きく分けて2つのタイプがあります。どちらのタイプであるかによって対処の方法が変わります。

【原因】

①遺伝的な要因で脂漏症になりやすい体質の犬(原発性)
②体質が原因ではなく、皮膚炎やホルモンの病気、誤ったスキンケアが原因の場合(後発性)
細菌や真菌(カビ)に感染していたり、寄生虫(ノミ・マダニ・ヒゼンダニ・シラミ)などが原因であったり、ストレスが原因で発症している場合もあります。

【症状】

症状は①②の場合で変わりません。

  • 脂の異常分泌で体がべたべたしている
  • フケの増加
  • 痒みによる引っ掻き
  • 痒い箇所を異常に舐める
  • 痒い箇所を擦り付ける
  • 発疹(丘疹/水泡/膿胞など)

【発症しやすい犬種】

遺伝的な要因で脂漏症を発症する犬もいますが、特定の犬種がかかりやすいということではありません。ただし、皮脂の分泌が多い下記の犬種が発症しやすいため、下記の犬種のオーナーは脂漏症に注意しておきましょう。

  • アメリカン・コッカー・スパニエル
  • ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア
  • コッカー・スパニエル
  • シー・ズー
  • ダックスフンド
  • プードル

予防と対策

①の場合は完治が難しくかかり付けの動物病院の獣医師と相談しましょう。
②抗菌薬の投与や室内環境を良くしたり、スキンケア対策、食事の管理などを獣医師の指導のもと行っていく治療になります。

5.ニキビダニ症

ニキビダニは、哺乳類の皮膚にほぼ100%寄生していると言われているダニです。人の皮膚にも寄生しているダニで毛穴の皮脂腺に寄生しています。通常は害のないダニですが、犬に寄生しているニキビダニも何らかの原因で通常より増殖した状態になると皮膚に異常が見られるようになります。

ニキビダニはほぼ100%の哺乳類に寄生しているダニですが、犬の場合、生まれたばかりの子犬がダニの寄生する母犬に寄り添う事で母犬から子犬に感染すると考えられています。

ニキビダニ(毛包虫)症の特徴

【原因】

ニキビダニは、通常、害がありませんが、犬の体力の低下や免疫力の低下、基礎疾患や遺伝的な要因などでニキビダニが増殖し皮膚に異常をきたします。

ニキビダニ症を発症した犬が若齢の場合は、免疫機能が未発達であるなどの場合に発症しやすいです。一方、高齢犬の場合は、老化による免疫機能の低下や他の病気を患っていることによる体力の低下などで起こる事が多いです。

【症状】

ニキビダニ症は2~3cmほどの脱毛が見られるようになり、痒みはあまり伴わないようです。しかし、症状が重い場合は、痒みや痛みがある場合もあり、皮膚に炎症や細菌感染を起こしたりします。

  • 2~3cmほどの脱毛
  • フケ
  • 発疹
  • 皮膚のただれ

【発症しやすい部位】

  • 口の周り
  • 前足など

予防と対策

ニキビダニはフィラリア予防に使われているイベルメクチンなどのアベルメクチン系薬物や類似薬物のミルベマイシンオキシムなどが駆除薬として効果的です。ニキビダニ症を発症している犬は、この駆除薬をフィラリア予防に使用している数倍も使用して治療します。

6.膿皮症(のうひしょう)

膿皮症は、犬の皮膚の免疫力が低下する事でもともと皮膚に常在しているブドウ球菌が過剰に増殖し皮膚炎を引き起こす病気です。ブドウ球菌は常在菌と呼ばれる細菌です。

膿皮症を発症すると皮膚にニキビのようなポツポツとした湿疹や黄色っぽいフケが発症します。痒みを伴うため、犬が皮膚を掻くことで脱毛やかさぶたができるなど皮膚に異常が発生します。

膿皮症(のうひしょう)の特徴

【原因】

犬の皮膚にもともと常在するブドウ球菌の異常増殖により皮膚に異常をきたし皮膚炎を発症する病気です。他の皮膚の病気や免疫力の低下、誤ったスキンケアなど皮膚の抵抗力が低下することによりブドウ球菌が異常増殖してしまうと考えられています。

【症状】

  • 皮膚の赤み
  • 皮膚の一部にニキビのような赤いポツポツができる
  • 黄色っぽいフケ
  • 痒み
  • 色素沈着
  • 脱毛

予防と対策

膿皮症の予防には皮膚を清潔に保つことが大切です。ただし誤ったスキンケアで膿皮症になってしまう場合もあるため、そのような時は、正しいスキンケア方法について医師からアドバイスを受けるようにしましょう。膿皮症を発症した犬は抗生物質による内服薬で治療を行う事が一般的です。獣医師から処方された内服薬を3週間ほど服用すると症状が改善していくことがほとんどです。

7.ノミアレルギー性皮膚炎

ノミによるアレルギーが原因で皮膚炎を起こす病気です。ノミが吸血の際に体内に入ったノミの唾液に対するアレルギー反応で起こるとされています。そのため、少数のノミの寄生であってもノミアレルギーのある犬であれば発症します。

ノミアレルギー性皮膚炎の特徴

ノミアレルギー性皮膚炎はノミに対するアレルギー症状として現れます。症状は、アトピー性皮膚炎の症状と似ています。

【原因】

ノミ対してアレルギーがあり、ノミが吸血時に犬の体内に入ったノミの唾液に反応してアレルギー症状を起こすとされています。

【症状】

痒い場所を痒みから解放するためにする行動です。痒い場所を掻いたり舐めたりすることで皮膚に赤みがでたり、炎症してしまったりします。

  • 舐める
  • 噛む
  • 引っ掻く
  • 擦りつける

【症状が出やすい部位】

  • 腰背部
  • 後ろ足
  • 腹部など

予防と対策

予防はノミの予防薬でノミの寄生を防ぐことが第一です。ノミダニアレルギーを発症している場合は、まず、ノミの駆除が必須です。痒みが続くような場合にはステロイド剤などの内服薬の服用が必要になる場合もあります。

8.皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)

皮膚糸状菌症は、真菌(カビ)に感染し、増殖することで様々な皮膚の異常を引き起こす病気です。皮膚糸状菌という真菌(カビ)が原因で起こる皮膚病を皮膚糸状菌症と言います。

皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)の特徴

【原因】

皮膚糸状菌というカビが皮膚や爪、毛などに侵入し増殖して発症する皮膚病です。感染経路は、既に感染している動物と接触する事により移る場合と菌の生殖する土壌や菌に汚染されたものと接触することで感染する場合と2通りあると考えられています。

【症状】

皮膚糸状菌に感染しても犬の免疫力で排除できれば症状があっても自然に治癒していきます。痒みなどを訴える事はあまりありません。ただし、皮膚の深部までカビが侵入している場合は炎症が慢性化し肉芽腫というしこりを形成しているような状態では自然治癒が難しいです。

  • 皮膚の赤み
  • ニキビのような白いポツポツ
  • 脱毛
  • かさぶた
  • フケ

【発症しやすい犬種】

フレンチ・ブルドック、パグなど皺の多い犬種に多く見られます。子犬や老犬など免疫力が低下している犬に起こりやすいです。

  • パグ
  • ブルドッグ
  • フレンチ・ブルドッグなど

予防と対策

予防は、部屋の掃除や生活環境をきれいにすること、皮膚糸状菌症に感染している動物との接触は避けることです。もし、愛犬が皮膚糸状菌症に感染しても自然治癒していく可能性が高いですが、被毛での増殖を防ぐために毛刈りを行い新たな感染拡大を防止するという方法も効果的です。また、抗真菌薬や薬用シャンプーなどでスキンケアで対策する場合もあります。

皮膚糸状菌症は、人にも感染する人獣共通感染症です。菌を保有している犬と接触で人にも感染します。犬からの感染だけではなく猫などの保菌動物と直接接触したり、菌に汚染されたものと接触する事で感染します。また、人獣共通感染症のため、人から犬(動物)に移すこともあります。人では水虫と診断される感染症です。

9.マラセチア性皮膚炎

マラセチア性皮膚炎は、真菌(カビ)に感染し、増殖することで様々な皮膚の異常を引き起こす病気です。マラセチアという真菌(カビ)が原因で起こる皮膚炎をマラセチア皮膚炎と言います。

マラセチアはもともと皮膚に常在している常在菌ですが、犬の皮脂をエサに生きている真菌で皮脂が過剰に分泌されると真菌が増殖し皮膚炎を発症してしまします。

マラセチア性皮膚炎の特徴

【原因】

犬の皮膚に常在している常在菌マラセチアが過剰に増える事で皮膚に炎症をきたす病気です。

【症状】

痒みを伴うため、犬が痒がることで痒い場所を掻く行動をとります。

  • 皮膚の赤み
  • 痒み
  • ベタつきのあるフケ
  • 独特の臭い

【発症しやすい部位】

  • 口周り
  • あご
  • 内もも
  • 足先など

予防と対策

予防は、バランスの良い食事を心掛け皮膚の健康をサポートする事が大切です。マラセチアは高温多湿な環境を好むため犬にとって快適な生活環境を整える事がマラセチアの増殖を防ぎ予防にもなります。マラセチア皮膚炎を発症している犬は除菌シャンプーや塗り薬などで増えすぎたマラセチアを減らす対策を行います。

10.外耳炎(がいじえん)

外耳炎は犬の耳に炎症が起きる皮膚病で、犬がかかりやすい病気の一つです。

外耳炎(がいじえん)の特徴

【原因】

アレルギーが原因で耳に炎症が出ている場合や細菌、真菌(カビ)に感染していたり、寄生虫(ノミ・マダニ・ヒゼンダニ・シラミ)などが原因の場合があります。耳に異物が混入したために炎症が起こっているような場合も考えられます。

耳に異常が現れている状態を「外耳炎」と言い、これまで紹介してきたアトピー性皮膚炎やマラセチア性皮膚炎が耳で発症している場合なども外耳炎と言ったりします。

【症状】

  • 頭を振る
  • 耳を掻く
  • 耳の皮膚が赤く腫れている
  • 耳の皮膚に湿疹ができている
  • 耳を触ると痛がる
  • 耳ダレがみられる
  • 耳を痒がっている
  • 耳垢が黒い
  • 耳から悪臭がする

【発症しやすい犬種】

  • アトピー、アレルギーが多い犬(柴犬など)
  • 垂れ耳の犬(ラブラドール・レトリーバーなど)
  • 被毛が多い犬(マルチーズなど)
  • 脂っぽい体質の犬(フレンチ・ブルドッグなど)
  • 耳道が狭い犬(パグなど)

予防と対策

予防は、定期的に耳掃除を行ってあげることです。また、耳の毛のカットやアトピー・アレルギーの対策など愛犬に合わせた対策で予防を心掛けましょう。外耳炎を発症している犬は、原因に合わせた治療を獣医師と相談し行う事になります。痒みや炎症を抑えるために点耳薬を投与したり、寄生虫が原因であれば寄生虫を駆除する薬が処方されます。
犬の外耳炎ってどんな病気?どうやって予防する?

犬がかかりやすい病気の一つに「犬の外耳炎」があります。犬の外耳炎はどのような病気なのでしょうか?症状や治療法について紹介します。また、特に外耳炎になりやすい犬種 ...

続きを見る

皮膚病予防には日々のケアが重要

愛犬の皮膚に異常がある場合には上記で紹介したように様々な原因があります。遺伝的な要因が原因の場合はなかなか予防が難しいですが、愛犬にとって快適な生活環境を整えたり、食事の管理を徹底することで発症せずに済んだり、症状が良くなったりする場合も多いです。

また、遺伝的な要因が原因ではなく発症している場合においても愛犬が生活する環境を清潔にし、適切な環境に整えてあげる事が後発的な要因での皮膚病発症の予防になります。皮膚病だけでなく日々のケアは愛犬の健康やコンディションに関わることですから犬にとって快適な暮らしを用意してあげましょう。

1.温度管理

日本の暑い夏の季節は特に体温が高くなり蒸れて皮膚病の原因となりやすいです。犬が快適に過ごせる温度は22度程度と言われています。愛犬が快適に過ごせる温度設定の環境を作ってあげましょう。

2.乾燥対策

熱い夏とは対照的に冬は乾燥が気になるシーズンになります。犬が快適に過ごせる湿度は60%程度と言われています。冬は、犬も人と同じように乾燥で皮膚の水分が奪われてしまい皮膚の機能低下が心配な季節です。加湿器を利用したり快適な湿度を保った環境を作ってあげることも病気の予防になります。また、乾燥対策には犬用の保湿クリームなども販売されていますので活用してみるとよいでしょう。

3.ストレス予防

犬は環境の変化や長時間のお留守番、運動不足や苦手な空間にいることなどストレスを感じると様々なストレス行動を起こします。人もそうですが、犬もストレスによって病気を引き起こしてしまう場合があります。ストレスのない環境を作ってあげる事が大切です。犬のストレスによる下記のような行動は皮膚炎を引き起こしやすいです。下記のような行動が見られる場合には、ストレス要因をなくしてあげる事を考えてあげましょう。

  • 緊張をほぐそうと体を掻いている
  • 自分の足を舐めたり噛んだりしている

上記のような行動は体を掻くことで掻き傷ができたりすると皮膚炎を引き起こしてしまうこともあります。犬は猫のようなグルーミングの習慣はありませんから体を舐めているような時はストレスを紛らわすために舐めているか体に異常があるかの場合が多いです。舐めた部分は蒸れたり被毛の状態が悪くなったりすることで皮膚炎を引き起こす原因となります。あまり頻繁な場合には、エリザベスカラーや保護服の活用で予防することも検討しましょう。

4.アレルギーの予防

犬も人と同じくダニやほこり(ハウスダスト)、花粉、特定の食べ物などにアレルギーを持つ犬がいます。何らかの環境中のアレルゲン(抗原)に対する過剰な免疫反応で皮膚に症状が現れる場合がありますので、アレルギーのある犬は、何に反応しているのか、アレルギー物質を特定し避ける事が重要になってきます。

5.ノミ・ダニ、寄生虫の予防

ノミ・ダニのような害虫はノミ・ダニ予防の薬で予防する事ができます。寄生虫なども定期的なシャンプーや毎日のブラッシング、散歩帰りのケア、耳掃除など日々のケアで病気を予防することができます。愛犬を害虫や寄生虫から守るために日々のケアもしっかり行ってあげることが大切です。

6.健康的な食事

犬の健康的な強い体作りには健康的な食事が重要です。毛ヅヤの良いバランスがとれた体型作りのために栄養バランスを考えた食事を心掛けましょう。愛犬に合った食事は、犬の総合栄養食と言われているドッグフードで問題ありません。市販されているドッグフードも様々な種類がありますから犬種に合ったもの、愛犬が好むものを選んであげるとよいでしょう。より、健康的な体作りのためにサプリメントをプラスしてあげてもよいでしょう。

犬の皮膚病とペット保険

犬には人間のような公的医療保険制度がありません。そのため、愛犬が皮膚病で動物病院で治療を受けたり、通院が必要になったりした場合、その治療費や薬代は飼い主の全額自己負担となります。しかし、ペット保険への加入があれば、皮膚病の治療費は補償対象となるためかかった治療費を限度額や一定割合の範囲内で補償してもらう事ができます。

ペット保険は、ペットが病気やケガで治療を受けた場合にかかった費用を限度額や一定割合の範囲で補償する保険です。ペット保険に加入していれば、一定の費用については保険から補償が受けられるため急なペットの体調不良でも医療費負担を軽減することができます。ペット保険は民間の保険会社が販売しているものなので、加入に条件が設けられています。犬の皮膚病は全世代でかかりやすい病気です。高年齢になってから皮膚病を発症する事が多くなり通院費がかさむからと言ってペット保険に加入したいと思ってもペット保険の加入条件が7歳から8歳程度までで設けられていることが多く加入できない場合もあります。ですから、犬を家族に迎え入れたら愛犬の生活環境を準備するのと同時にペット保険の加入についても検討するとよいでしょう。

インズウェブSNS公式アカウント

  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • LINE
  • youtube
  • pinterest
  • note
  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • youtube
  • pinterest
  • note
\インズウェブのお得情報を発信!/友だち追加

記事が参考になったらシェアお願いします!

  • この記事を書いた人

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険のみならずペット保険に関する様々なお役立ち情報も提供しています。

最短3秒 ペット保険を比較する

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved