犬との暮らし

犬を飼うのにはどれくらいの費用がかかる?

2020年6月10日

犬を飼うのには購入時だけでなく食費や予防接種のための費用、病気やケガとなった時の治療費など様々な費用がかかります。犬を飼うのにどれくらいの費用がかかるのか、初期費用、毎月、生涯にかかる費用について紹介します。

初期費用はどれくらい?

ペットとして犬を家に迎える際に初めに必要となる費用について紹介します。犬自体の価格(生体価格)を除いて6万円ほどかかります。

生体価格

購入する犬自体の価格です。これは購入する犬の種類や容姿、血統、健康状態などによって変わり、おおよそ5万円~30万円ほどかかります。また、血統などによっては50万円以上かかることもあります。

登録費用

犬を飼う場合、飼い主は飼い犬を市区町村に登録する必要があります。登録費用は3,000円前後です。登録すると鑑札が交付されますので首輪等に装着してください。登録を行わなかったり鑑札を装着していなかったりした場合には20万円以下の罰金を科されます。

狂犬病の予防接種

現在日本では海外で噛まれた人の輸入例しかありませんが、万が一狂犬病に感染・発症してしまうと治療法がなくほぼ100%死亡してしまうために毎年1回の予防接種が義務付けられています。料金は多少の差がありますが、注射済票の交付料と合わせて3,500円ほどです。

混合ワクチン

狂犬病以外にも命のリスクが高い感染症があり、それを予防するために混合ワクチンの接種を受けます。5~6種混合ワクチンは6,000円ほど、8~10種混合ワクチンは8,000円ほどかかります。

健康診断費用

日本獣医師会による調査では、健康診断(1日ドック)の費用の中央値は14,021円です。しかし、健康診断の費用はどのような検査を行うかや動物病院の立地などによって左右されますので、健康診断を行う動物病院に事前に問い合わせた方が良いでしょう。

ペット用品

犬を迎い入れるにあたって首輪や食器、トイレ、おもちゃなどのグッズを用意しておく必要があります。すべて合わせて3万円ほど見ておけばよいでしょう。もちろんすべて高級品を用意するなどすればそれ以上にかかります。

毎月かかる費用は?

一般社団法人ペットフード協会による令和元年全国犬猫飼育実態調査によると、犬1頭飼育者の1か月あたりの支出総額の平均は11,562円、中央値は8,500円です。支出額の分布は以下のようになっています。なお、体の大きさや健康状態によってかかる費用も変わるのであくまで参考費用として、この金額よりも定常的に多いからと言って無理に節約したりしないようにしましょう。

1か月あたりの犬に関する支出総額

支出総額 1~500円 501~1,000円 1,001~1,500円 1,501~2,000円 2,001~2,500円 2,501~3,000円 3,001~3,500円 3,501~4,000円
1頭飼育者(n=914) 0.7% 1.5% 1.1% 5.6% 1.6% 5.8% 2.1% 3.1%
複数頭飼育者(n=156) 0.0% 0.6% 0.0% 0.6% 2.6% 2.6% 1.3% 2.6%
支出総額 4,001~4,500円 4,501~5,000円 5,001~10,000円 10,001~15,000円 15,001~20,000円 20,001円以上 平均支出金額 中央値
1頭飼育者(n=914) 1.8% 9.8% 29.6% 15.0% 11.5% 10.8% 11,562円 8,500円
複数頭飼育者(n=156) 0.0% 3.2% 23.1% 14.7% 18.6% 30.1% 18,642円 15,000円

出典:一般社団法人ペットフード協会「令和元年全国犬猫飼育実態調査」

ちなみに、中央値というのは数値を小さい(大きい)順に並べたときに真ん中となる値です。例えば、「1、3、5、8、11、13、16、21、29」という9つの数値の中央値は小さい(大きい)方から5番目の11です。また、仮に35という数値が加わって全部で10個の数値となった場合には、5番目と6番目の数値の平均の12が中央値となります。

生涯にかかる費用は?

同じく一般社団法人ペットフード協会の令和元年全国犬猫飼育実態調査よりデータを紹介します。同調査によると犬の平均寿命は14.44才なので、犬の年齢ごとに算出した平均支出額を平均寿命まで足すことで生涯に必要な費用を算出すると合計で2,004,139円となります。これに初期費用を加えて210万~240万円ほどが犬1匹を購入してから死亡するまでにかかる費用といえるでしょう。約15年にわたってかかる費用ではありますが、命ある生き物を飼育することになりますので、お金が足りなくて捨ててしまうということがないように責任をもって飼うようにしましょう。

医療費を抑えるには

生涯にかかる費用の平均は200万円ほどですが、大きな病気やケガをして入院・手術が必要になった場合には追加で数十万円の費用がかかることがあります。しかもこの費用は1度にかかる費用です。なぜこのような高額になるかというと、犬には人間のような公的医療保険がないので、治療費の全額が飼い主の負担となるからです。こうした高額な費用負担を緩和させるにはペット保険に加入するとよいです。

ペット保険とは、ペットが病気やケガで治療を受けた場合にかかった費用を限度額や一定割合の範囲内で補償する保険です。例えば補償割合70%のペット保険に加入していれば、ペット保険の対象の治療費の70%の補償を受けられるので、人間の医療費と同じように実質3割負担で済みます。補償割合は50%や70%が多いですが、中には100%補償するというペット保険も存在します。ただし、その分保険料も高くなってしまうのでバランスも考える必要があるでしょう。

電卓と%
ペット保険の補償割合って何?

ペット保険を選ぶときに大切なものの一つに補償割合があります。人間が入る医療保険ではあまり見かけない項目ですがどのようなものなのでしょうか?ペット保険の補償割合と ...

続きを見る

ペット保険は新規加入するのに年齢の上限が設けられていることがほとんどで、また、人間の医療保険のように持病があると加入しづらくなります。病気になりやすい高齢になってからでは目当てのペット保険に加入することができない可能性が高くなるので、体調不良時に動物病院に連れていきやすくするためにも、若くて健康なうちにペット保険の加入を検討しましょう。

ペットが病気になってからでもペット保険は入れる?

ペットは大切な家族の一員ですが、人間のように健康保険制度がないためケガや病気でかかる医療費は全額飼い主が自己負担しなければいけません。ペット保険に加入していなか ...

続きを見る

まとめ

犬を飼うのには初期費用として6万円ほど(生体の価格を除く)、毎月の費用として平均1万円ほど、生涯で平均200万円ほどかかります。ただし、ペットには人間のような公的医療保険がないので、大きな病気をして入院・手術が必要になった場合には1度に数十万円かかることもあります。高額な治療費に備えたいのであれば、若くて健康なうちからペット保険の加入を検討しましょう。

  • この記事を書いた人
アバター

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険のみならずペット保険に関する様々なお役立ち情報も提供しています。

最短3秒 ペット保険を比較する

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved