犬との暮らし

愛犬の体調不良を見極めよう

犬は人間のようにしゃべる事ができないので飼い主ができるだけ早く愛犬の体調不良を見極め対処してあげることが必要になります。病気の早期発見や予防は愛犬の何気ない仕草の変化やいつもと違う行動をいち早く気付けるかということが鍵になったりします。愛犬が飼い主に送っている体調不良のサインを見逃さないように注意してあげましょう。

犬の異変に気付いてあげよう!

犬に限らず野生の動物はケガや病気といった体の不調は生きるうえで弱点となってしまうため相手に悟られないように体調不良を隠す本能があります。現代の家庭で飼われている犬はその本能が薄れて体調が悪いことを飼い主に隠すようなこともあまりなくなってきていますが、野性味の強い犬や犬種は不調を隠し飼い主が気付かないうちに病気が悪化していってしまっているという事もあります。

愛犬が体調不良を隠すように元気にふるまっていてもいつもと違うと感じたら注意深く観察し早めに動物病院に相談するとよいでしょう。

体調不良のサイン

元気そうに見えてもいつもと違う行動があれば、犬は何か体に気になる事があるためにその行動をとっている可能性があります。また、いつも食欲旺盛なはずの愛犬がご飯を食べなかったり、排泄物に変化があるなど飼い主がすぐに確認できる変化は見逃さないようにしましょう。

  • 元気がない
  • 表情が暗く感じる(目に力がない)
  • 体を触られるのを嫌がるようになった
  • 体をしきりに掻いているまたは舐めている
  • 体が震えている
  • 頻繁に頭を振る
  • 最近、便秘ぎみである、または、下痢をしている
  • 最近、嘔吐が続いている
  • 水を飲む量が増えた
  • 最近、よく咳をしている、または、呼吸が荒い
  • 食欲がない
  • 以前より痩せた、太った

症状が続くようであれば早めの病院受診を

犬の体調不良の原因は様々です。ご飯の食べ過ぎが原因の嘔吐であれば様子見で大丈夫でしょう。敏感な犬であれば引っ越しで環境が変わったことによりストレスを感じ嘔吐をしてしまう犬もいます。一言で「犬の嘔吐」と言っても状況や犬の性格によって動物病院に駆けつける程度ではない場合もあります。しかし、飼い主が見ていないところでボタンや紐などを誤飲をしてしまっていたことで下痢や便秘をしていたり、食欲がないような場合は、動物病院で診察を行い、適切な処置を行わなければ最悪の場合、死亡に至ってしまう事もあります。

犬が急に大量の水を飲むようになったり、いつもより頻繁に水を飲みに行く回数が増えたと感じた時も病気を患っている可能性があります。よくある病気としては脳や腎臓の機能に問題がある場合です。多量の水を接種するようになれば犬の尿量も増えるので異変に気づいたら早めに動物病院を受診し獣医師に症状を相談しましょう。

また、ワクチン接種後に起こる副反応で体調不良を起こしている場合もあります。ワクチンを接種する時には、一般的に接種先の病院で副反応などの注意事項の説明があります。接種後すぐに現れるものから数日後に現れるケースもあります。ワクチン接種による体調不良が考えられる場合には、ワクチンを接種した動物病院の獣医師の指示に従って対処しましょう。

避妊・去勢手術後に元気がないような場合、手術前後で行動や様子に変化がある場合なども、手術を行った動物病院の獣医師に相談するとよいでしょう。術後の傷の痛みが残っている場合、傷を気にして舐めてしまい傷が悪化してしまっている場合などもあります。

ケガや病気で犬が苦痛を感じていても、表情からは読み取れないこともあります。いつもは撫でられて喜んでいたのに嫌がるようなしぐさがあればどこか異常があって痛みを我慢しているのかもしれません。人間のように言葉で不調を伝えることができない犬は、体調が悪いと苦しい思いを我慢しています。飼い主は、愛犬の異常にいち早く気付けるように日常のスキンシップは大切にしましょう。愛犬がいつもと違う様子でしばらく様子をみても改善せずに悪化していくような場合には、早期に動物病院の診察をしましょう。

子犬の場合

だいたい1歳を迎えるまでの子犬は体力や抵抗力が弱く、体も成長段階にあります。子犬は、消化器官も未発達のためたびたび嘔吐することがあります。また、好奇心旺盛で遊び盛りの時期のためいろいろなものをかじったり咥えたりするため誤飲のリスクも高いです。子犬が嘔吐した場合には、吐いた状況や行動を観察しましょう。吐いた後も元気なようであれば問題ないことが多いですが、嘔吐を繰り返すような場合や誤飲の可能性がある場合は、動物病院で体調や成長に問題ないか診察を受けるようにしましょう。

飼い主なら気を付けたい犬の病気

誤飲・誤食

犬の誤飲・誤食は、犬が飲み込んだり食べたりするものによってさまざまです。よく誤飲してしまうものとしては洋服についているボタンや紐、ペットボトルの蓋、アクセサリーなどがありますが、胃や腸を傷つけてしまうばかりでなく、誤飲したものが体の中で詰まってしまうと嘔吐や下痢、腸閉塞を引き起こし死に至ってしまう場合もあります。誤飲したものによっては手術が必要になったり、嘔吐で吐き戻させる薬を服用する場合でも愛犬に苦痛を与えることになってしまいます。また、人間が食べても大丈夫でも犬には毒となってしまう食べ物にも注意する必要があります。犬には毒となってしまう食べ物をうっかり食べてしまった時にはすぐに動物病院を受診しましょう。

誤飲・誤食を防止するには飼い主が犬が口にくわえてしまいそうなものは高いところに置いたり注意することが重要です。可能であれば、犬の落ちているもの食べるといった拾い食いの癖は、飼い主から与えられたもの以外は食べない、といった風にしつけましょう。どちらにしても愛犬の誤飲・誤食は飼い主の責任です。愛犬の健康管理のためにも食べてはいけないものを口にしないように注意しましょう。

誤飲・誤食による病院受診でかかった医療費をペット保険で補償してもらおうと思っても加入するペット保険によっては誤飲・誤食による診察は補償対象外となっているペット保険もあります。飼い主の不注意によるペットの体の異変は補償対象外とされていることがあるためです。まずは、飼い主が愛犬の体調管理を行う事が基本となります。

チョコレートをなめる犬
犬が食べてはいけないものは?もし食べてしまったら?

人間が普段食べているものでも犬が食べると命の危険があるものもあります。チョコレートやネギ類は有名ですが、他に食べさせてはいけないものはあるのでしょうか。また、も ...

続きを見る

熱中症

犬も人間と同じく熱中症にかかる事があります。人も熱中症で亡くなってしまう事がありますが、犬も死亡に至ることがある注意したい病気です。犬は人間と違って肉球などの一部を除いて汗をかきません。人は暑い時には汗をかいて自分の体温調節を行いますが、犬はハアハアと舌を出して荒い呼吸をすることで冷たい空気を体内に取り込んで体を冷やします。しかし、この方法は体温を下げる効果はあまり高くありません。ですから、犬は体温調節が苦手な動物と言えるかもしれません。そのため、気温の高い場所、過度な運動によって熱中症になりやすく飼い主の不注意によって死に至ってしまったような事故も多くあります。夏場の散歩は散歩時間を短くし夜の涼しい時間にでかける、車の中に犬だけを置いて出かけないなど飼い主にしかできない予防方法があります。犬が熱中症にかかると嘔吐や痙攣、下痢などの症状を引き起こします。それでも、夏場などは飼い主が気を付けていても熱中症になってしまうようなこともあります。愛犬に熱中症の症状がみられたら、まずは涼しい場所に移動し愛犬の脇や首などを重点的に氷で冷やすなどして体の体温を冷やす応急処置を行いましょう。

肥満

犬は満腹中枢がないのかと思うくらい与えれば与えるだけエサを食べてしまいます。それは犬の本能によるものでもありますが、犬の食べる量をコントロールし健康維持に努めることも飼い主の責任です。よく食べる姿がかわいいからと欲しがるだけのエサやおやつを与えていては肥満になってしまいます。肥満は人間同様、病気の原因となりやすく寿命が大幅に短くなるリスクがあります。愛犬の健康管理も飼い主の責任です。愛犬が健康で長生きするために愛犬に合った食事量と栄養素の食事を与えるようにしましょう。また、肥満予防には適度な運動も必要です。犬種や性格によっても運動レベルに違いはありますが、散歩などの愛犬に合った日々の運動がストレス予防にもなりますので気を付けてあげましょう。

犬フィラリア症

犬フィラリア症はフィラリアと呼ばれる糸状虫(寄生虫)が犬の肺動脈や心臓に寄生します。心臓の働きを低下させ、愛犬を死に至らしてしまう怖い病気です。犬のフィラリア症は蚊の媒介によって感染します。蚊に刺されないように注意をしてもなかなか難しいので犬フィラリア症の予防は投薬で予防を行います。薬には内服薬、塗布薬(体に滴下するスポットタイプ)、注射薬があります。体内に侵入したフィラリアの幼虫を殺す薬となり、定期的に投与することで予防することができます。ですから、犬フィラリア症から愛犬を守ることができるのは飼い主です。飼い主がしっかりフィラリア予防の投薬を愛犬に行う事で犬フィラリア症は防ぐことができるのです。

仮に、飼い主がペット保険に加入していたとしても飼い主がフィラリア予防を行っていなかったことにより愛犬が犬フィラリア症にかかってしまったら、犬フィラリア症による症状でかかった医療費はペット保険では補償されません。犬がフィラリア症を発症してしまえば、咳や食欲低下、呼吸困難などの症状が現れ、外科手術による寄生虫の駆除を行うとなれば愛犬が辛い思いをするだけでなく、飼い主もその医療費の負担を全額自己負担で支払うことになります。犬フィラリア症はペット保険の補償対象外ですので愛犬のためにも予防をしっかり行う事が飼い主の責任となります。

愛犬の病気にはペット保険で備える

ペットの体調不良のサインは飼い主がいちはやく気付いてあげることが必要になります。愛犬にいつもと違う変化があり、動物病院への受診が必要と判断すれば早めに動物病院で診察を受ける事で異常の早期発見ができます。ペットは、人と違い病院を受診した診察費用は飼い主の全額自己負担となります。医療費負担のために愛犬の異常を感じていても動物病院への受診が遅れてしまえば手遅れになってしまう事もあるかもしれません。そんな医療費の負担を軽減してくれるのがペット保険です。

ペット保険に加入していれば、ペットが病気やケガをしてしまっても補償割合に応じて通院・入院・手術にかかった医療費の補償を受けられ、医療費の負担を軽減することができるので安心です。ペットに異常があり病気が見つかったり、入院や手術が必要で医療費が高額となってしまってもペット保険の加入があれば医療費を軽減することができます。ペット保険は、健康なペットが将来、ケガや病気で治療した医療費に備えるための保険です。そのため病気が発覚してから医療費を軽減するために加入を検討しても加入を断られたり、補償してもらいたい病気が補償対象外となるなど制限が設けられたりします。ペットに健康上の異常があってからペット保険に加入したいと考えても遅いという事を覚えておきましょう。ペット保険も種類がたくさんありますのでペット保険への加入はペットが若く健康な時にどのような補償が必要か比較を行ってから選ぶようにしましょう。

  • この記事を書いた人

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険のみならずペット保険に関する様々なお役立ち情報も提供しています。

最短3秒 ペット保険を比較する

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved