犬との暮らし

犬の熱中症に注意!熱中症は死亡することもある危険な病気

暑い夏は人も熱中症で体調を崩したり熱中症で救急搬送となってしまう人がいるなど注意しなければいけませんが、犬の熱中症も怖い病気です。動物は基本的に全身を毛でおおわれており、体の一部でしか汗をかかないため体温調節が苦手なことが多いです。飼い犬のようなペットは、人と一緒に暮らす伴侶動物であり、犬の生活環境も人間と同じようになってくると暑い夏はエアコンのきいた部屋で暮らすことが一般的であったり、寒い地域に生息していた犬種であれば日本の暑い夏に耐えられる体質ではなかったりします。人と一緒に暮らす犬は暑くなってきたら人間同様に熱中症に注意してあげる必要があります。そして、人とは違う動物ですから犬の視点での暑さ対策も考えてあげましょう。

犬の熱中症

熱中症は、体温が上がり体内の水分バランスが崩れ体温の調節機能が働かなくなることでさまざまな症状を起こし後遺症が残ったり死に至ってしまう場合もある怖い病気です。犬が熱中症で死亡してしまったという事故も起こっています。犬はパンティング(舌を出してハァハァと呼吸)することで外の冷たい空気を取り入れ体温調節を行います。この方法はあまり体温調節を上手に行えるといった方法ではないため、外の気温が暑ければパンティングを行っても体温を下げることができず、更に脱水症状も引き起こして血圧が低下すると体にこもった熱で臓器にダメージを与えることになってしまいます。ですから、犬の熱中症には注意しなければいけません。

犬のパンティングは体温が上がっている時にする行動です。散歩やドッグランで遊んでいて楽しい時、興奮している時、暑い時などに体温を下げるために自然に行うパンティングは心配ありません。しかし、苦しそうによだれを出してパンティングをしていたり、呼吸音に「ゼーゼー」「ヒューヒュー」といったような異音が混ざっている時には熱中症を引き起こしている可能性がありますので飼い主の方が早急に応急処置を行ってあける必要があります。

熱中症の症状/対処/予防

犬は基本的に暑さに弱い生き物です。気温が26度、湿度60%を超えると熱中症の危険性が高まります。

■症状
  • 過度な呼吸で一点を見つめて体の動きが止まっている
  • 体を触ると熱い!
  • ゼエゼエ言っている舌が青い
  • 口から泡を吹き、失禁している(非常に危険)
■対処/応急処置
  • 水風呂に入れるか、水をかけるなどして体温を下げる
  • 冷房している所など涼しいところへ移動してあげる
  • 落ち着けば水分の補給をする

意識がある場合・・・一刻も早く体を冷やし、水分補給することが大切
意識がない場合・・・身体を冷やして一刻も早く動物病院へ

■予防
  • 暑い日は散歩・運動を避ける。 また、飼主さんがワンちゃんの表情を見てあげる!
  • 留守時、家の中は蒸し風呂状態!冷房を入れてあげてください
  • 直射日光のあたるところやエアコンの室外機の近くにワンちゃんを繋がない!
  • 外では大きな水おけを用意してあげる
  • 車内エアコン、低めの設定温度に!

参考:公益社団法人大阪府獣医師会_動物豆知識
参考:福岡市獣医師会_家庭の獣医学

熱中症の原因

犬の熱中症予防は飼い主にしかできません。熱中症にならないように十分注意してあげましょう。

■車内などの閉め切った室内で留守番させる

車内に犬を残して飼い主が車の傍を離れている間に犬が熱中症となってしまったような事故がたびたび起こっています。暑い時期は車内の温度が非常に高くなります。エアコンが入っていない車内は窓を開けていても車内の温度はさほど下がりません。車内の犬の置き去りは熱中症になる危険が高いのでやめましょう。

また、人もそうですが犬も室内にいても熱中症になってしまう事があります。犬は体温の温度調節が苦手な動物ですから直射日光があたり室温が高い室内で熱中症になってしまう事があります。犬は扇風機の風にあたっても涼しく感じないと言われています。暑い時期にはエアコンをつけてあげるようにしましょう。

■蒸し暑い日に、屋外で過ごす

夏になると人は海に出かけたりキャンプに行ったりと夏のレジャーを楽しみたくなります。愛犬と一緒に夏のレジャーを楽しみたくなりますが、炎天下の日中や日陰のないコンクリートの上など、照り返し(放射熱)の強い場所は犬には危険です。また、人の熱中症対策も重要ですが、犬と一緒にレジャーを楽しむ時には犬の熱中症対策をしっかり行い出かけましょう。

■蒸し暑い日や時間帯に散歩に連れ出す

蒸し暑い日中のお散歩は、熱中症の原因となります。環境省の「熱中症予防情報サイト」によると、地面から50センチの高さの暑さ指数は、150センチのところと比べ、平均して0.1から0.3度高くなるとされています。犬種によってはこの高さよりも地面近くを歩く犬は照り返しによる放射熱を受けやすく、一緒に歩く人間の想像以上に暑さの影響を受けます。また、高温のアスファルトやマンホールの上を歩けば、足の裏(肉球)がやけどするという別の危険性もあります。暑い日中は無理をして散歩に行かず涼しい時間帯になってから出かけましょう。

参考:福岡市獣医師会_家庭の獣医学

特に熱中症になりやすい犬種

犬でも特に熱中症になりやすい犬種がいます。どの犬も熱中症には注意したいですが、熱中症になりやすい犬種は体の構造や原産地などの関係から特に暑さに弱いです。暑さに弱い犬種のオーナーの方は犬の熱中症には特に注意してあげましょう。

■短頭種(鼻ぺちゃ犬)

短頭種と言われるマズルが短い犬種は鼻が短く口腔の面積が狭くスムーズな呼吸がし辛いため中頭種や長頭種の犬と比べると熱中症のリスクがはるかに高くなります。ハァハァとパンティングで体温調節をするため犬は体温調節が苦手な動物ですが、短頭種は体の構造上特に体温調節が苦手と言えるでしょう。

パグ/フレンチ・ブルドッグ/ブルドッグ/ボストン・テリア/ボクサー/シー・ズー/ペキニーズ/チャウチャウ/狆 など

■北方原産犬種(被毛が多い犬)

北方が原産の犬種は厚い被毛を持つため、生まれつき暑さに弱い犬種です。暑い夏を迎える日本では熱中症になりやすいと言えるので注意しましょう。

シベリアン・ハスキー/サモエド/バーニーズ・マウンテンドッグ/グレートピレニーズ など

■被毛が黒い犬

被毛が黒い犬は日光の熱を吸収しやすいです。日中の日差しによって体温が上昇している可能性がありますので気を付けてあげましょう。

ラブラドール・レトリーバー/プードル/ポメラニアン/シュナウザー など

■太っている犬(肥満)

太っている犬は皮下脂肪が断熱材となって体内に熱がこもりやすく、かつ心臓にも負担がかかり気味です。首周りの脂肪によって気管が圧迫されて呼吸機能が低下しパンティングでの体温調節も健康的な体型の犬より困難になっていることが考えられます。そのようなことから太っている犬も熱中症になりやすいと言えるでしょう。

■持病のある犬

心臓の病気や呼吸器疾患などを患う犬は循環機能や呼吸機能が上手にできず体温調節が困難なため熱中症になりやすいと言えます。

■子犬・老犬

子犬や老犬は、成犬に比べて体の生理機能が未発達であったり、衰えていたりして体温調節が上手くできず、熱中症になりやすい傾向にあります。

犬に熱中症の疑いがある時には急いで動物病院へ

愛犬に熱中症の症状がある場合には、急いで体を冷やす応急処置を行います。少しでも体温を下げるために水をかけたり涼しい場所へ移動したりしましょう。太い血管が通っている脇や腹を保冷剤や冷たいタオルなどで冷やして体温を下げます。意識がないような重症の場合は体を冷やしながら急いで動物病院を受診しましょう。場合によっては点滴や注射などの処置が行われます。重症であれば入院が必要であったり、治療が長引くようなこともあるかもしれません。

軽い熱中症で応急処置を行ったことにより元気になったとしても動物病院で診察を受ける必要があります。熱中症による臓器への影響はないか検査してもらいましょう。

動物病院での治療が必要となると費用も掛かってしまいます。犬も飼い主も辛い思いをすることになってしまいますので、飼い主が熱中症予防に気を付けてあげることが一番の対策です。

熱中症対策グッズを活用しよう!

夏場は日中の暑い時間帯の散歩を避けて涼しい時間になってから出かけても熱中症の危険性はあります。また、夏場に限らず体温調節が苦手な犬は夏場以外でも熱中症になってしまう事があります。暑くなってきたら熱中症対策に気を付けてあげましょう。家で留守番をしている犬が熱中症になってしまわないように暑くなってきたら熱中症対策グッズを準備しておくとよいでしょう。

■クールベスト(冷感服)

クールベストなどの冷感服です。熱くなった体を冷やしてくれるので熱中症対策グッズとして人気です。クールベストのような冷感服は水に濡らして、絞って、着させてあげるだけなので簡単です。

■クールネック

クールネックは保冷剤を入れるタイプや水にぬらすタイプなど種類も豊富に販売されているようです。夏場の散歩や外出時には欠かせないアイテムでしょう。

■クールマット

クールマットは室内や外出時の車内で活躍するアイテムです。冷感ジェルタイプやアルミタイプなど夏場になるとペットショップやホームセンター、ショッピングモールなど多くの場所で見かけるので、是非、用意しておいてあげたい熱中症対策グッズです。

■お散歩用冷却スプレー

お散歩用の冷却スプレーといったものが販売されています。スプレーをひと吹きするとひんやりとした冷気が発射されるのでお散歩中の体温上昇を抑える助けになります。お散歩中や外出を楽しみにしている愛犬であれば涼しくなってから出かけても興奮して熱中症になってしまうリスクも高まるので常備しておくと安心でしょう。

犬が夏に過ごしやすい室内環境作り

室内でも温度が高く暑い部屋の中では熱中症になってしまう犬はいます。暑い日はエアコンを入れてあげるようにしましょう。ケージの設置場所は直射日光の当たらない場所に設置するなど部屋の中で快適に過ごせる場所においてあげましょう。常に新鮮な水を自由に飲めるようにしてあげましょう。

ポイント

・適度な室内温度:26℃以下
・適度な室内湿度:50-60%程度

まとめ

犬の熱中症予防には飼い主が気を付けてあげることが最も重要となります。犬は一部(肉球)でしか汗をかかず、パンティングと呼ばれる呼吸によって体温調節をしています。パンティングは外の冷たい空気を取り入れ体温調節を行う方法なので外の空気が高いと体の温度を下げることができず犬はあまり体温調節が上手な動物ではありません。

犬は体温調節が苦手な動物ですが、特に暑さに弱い犬種もいます。暑さに弱い犬種のオーナーや熱中症になりやすい特徴を持っている犬を飼っている人は特に愛犬の熱中症に気を付けてあげましょう。もし、熱中症の症状があるようなら犬の体温を下げる応急処置を行い、動物病院に連れていきましょう。熱中症は早期の対応が最も重要です。愛犬の異変にいち早く気づいてあげられるようにいつもと違うパンティングをしていないか注意してあげましょう。そして何よりも熱中症にならないように予防に気を付けることが大切です。

  • この記事を書いた人

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険のみならずペット保険に関する様々なお役立ち情報も提供しています。

最短3秒 ペット保険を比較する

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved