ペット保険の検討には一括資料請求がべんり!

SBIホールディングス

メニュー

犬のトリミングについて

犬の中でも毛が長くなる犬種は定期的にトリミングが必要です。

トリミングは見た目の美しさの為だけでなく、健康管理上重要な役割を担っています。

トリミングの役割

・体を衛生的に保つため

余分な皮脂は、においやベタつきの原因となります。また、毛量が多すぎると毛玉ができやすくなります。

シャンプーをすることで余分な皮脂やハウスダストなどのアレルゲンを除去、適度な長さにカットする事で通気性が良くなり、夏の熱中症予防にもつながります。

・ケガの防止

肉球まわりの毛のカットや爪切りは、けがの防止になります。爪は伸びると折れてしまうことがあり、肉球まわりの毛は伸び過ぎるとフローリングなどの床で滑る原因になるからです。

・病気の予防

耳や肛門腺の措置も定期的に行うことで外耳炎や肛門腺破裂などの皮膚トラブルを防ぐことができます。

これらの処置は自宅では難しい場合があるため、プロのトリマーに処置してもらうと良いでしょう。

・オシャレのため

見た目の可愛らしさ、美しさをを目的にトリミングをされる方がもっとも多いです。

迷ったらトリマーに相談しながら似合うスタイルを見つけるのも良いでしょう。

トリミングが必要な犬種

一般的には下記の犬種がトリミングが必要とされています。

  プードル

  シーズー

  マルチーズ

  ヨークシャー・テリア

  ビション・フリーゼ

  シュナウザー

  エアデール・テリア

  ワイヤー・フォックス・テリア

  ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア

  ベドリントン・テリア

  ノーフォーク・テリア

  アメリカン・コッカー・ス ニエル

  イングリッシュ・コッカー・スパニエル      等

トリミングの頻度と費用

トリミングの頻度(目安)

月に1回が目安です。犬種や季節、毛の長さなどによって異なります。

トリミングの費用(目安)

小型犬

3,000~5,000円

中型犬

6,000~10,000円

大型犬

7,000~17,000円

もっとも金額の高い犬種はスタンダードプードルで、8,000~25,000円でした。

※トリミングは予防接種を受けてから2週間~1ヶ月後から受けることができます。

 

日々、たくさんのワンちゃんと接するトリマーは飼い主が気づきにくいトラブルを発見してくれることもあります。

定期的なトリミングをトリマーとのコミュニケーションの場として活用すると良いでしょう。

一括資料請求スタート