ペット保険の検討には一括資料請求がべんり!

SBIホールディングス

メニュー

ペットの一生にかかるお金

ペットは購入時の費用だけではなく、食費や予防接種代など様々なお金が必要になってきます。

飼主の方によってはお洋服代などの雑費が増えてきますが、ここではできるだけ節約した金額でみていきましょう。

ペットの平均寿命

犬の平均寿命は14.3歳、猫の平均寿命は15.0歳と言われています(社団法人日本ペットフード協会 平成28年度データより)。

人間で言うなら赤ちゃんから中学生になるくらいまでの期間、一緒の時間を過ごすことになり、その間の食費のみならず医療費もばかになりません。

ペットの生涯に必要な費用

犬や猫を飼ったことのある人の声を元に、ざっと計算してみると、犬・猫にかかる費用は次のようなものがあります。

犬・猫の一生にかかる主な経費
食費 5,000円~50,000円/月
予防接種 4,000円~10,000円/年
医療費 30,000円~100,000円/年(予防接種代含む)
ペットシート・猫砂等 1,000円~20,000円/月
雑費 1,000円~100,000円/月
火葬・埋葬費 10,000円~150,000円(お別れ時のみ)

火葬・埋葬費を除いた、日常の飼養費を年換算すると、一年で118,000円を消費する計算になります。
そしてこの費用が犬・猫それぞれの平均寿命のあいだ必要であると仮定すると、犬・猫の一生にかかる費用は、最低でも次のようになりました。

犬: 1,697,400円 (飼養費118,000円/年 × 14.3年) + 火葬・埋葬費10,000円
猫: 1,780,000円 (飼養費118,000円/年 × 15.0年) + 火葬・埋葬費10,000円

いかがでしょうか?生涯で約170万円が必要、という結果になりました。
ここには含めていませんが、他にも、旅行などで長期間自宅を離れる場合には、ペットホテルやペットシッター費用が必要になりますし、美容院(トリマー)を利用した場合には一回につき5,000円はかかります。

専門家のなかには、購入費を除いても一生涯の必要経費が330万円を超える、という試算をしているケースもあるようです。

ペットの寿命は平均よりも長かったり短かったりしますので一概には言えませんが、ペットを飼うということは、それなりに出費も覚悟しなければならないということですね。

一括資料請求スタート