ペット保険の検討には一括資料請求がべんり!

SBIホールディングス

メニュー

品種によって保険料って変わるの?

ペット保険は「品種」「年齢」「補償内容」によって支払う保険料が変わってきます。

なぜ品種や年齢によって保険料が変わってくるのでしょうか。

これは保険会社がどれだけ保険金を支払う可能性があるかで保険料を決定しているからです。

誰しもが同じ保険料だと不公平感が出てしまいますよね。

病気になる可能性やケガを負う可能性は予測できるものではありませんが、保険会社は多くのデータをもっています。

どの品種のどの年齢のワンちゃん、ネコちゃんが多く病気やケガをしているかの情報があります。これを分析して保険料に反映させているんですね。

品種

大型犬、中型犬、小型犬などサイズによって保険料が異なってくることが多いようです。

猫はサイズに差異がないため品種による保険料に差は出にくいようです。

年齢

高齢になるほど保険料が上がっていくことが多いようです。

人間と一緒で高齢になるほど病気になるリスクが高まってくるからですね。

また、高齢の場合はそもそも加入できない保険会社もあるようですので注意してください。

補償内容は保険会社によって異なってきます。当然補償を手厚くすれば保険料に影響をしてきます。

現在のワンちゃんやネコちゃんの状態や、ご家庭の経済状況に合わせて、最適な保険を検討することが大切になってきます。

一括資料請求スタート