ペット保険の検討には一括資料請求がべんり!

SBIホールディングス

メニュー

なぜペット保険は必要?

ペット保険の役割

1.飼い主や獣医師に望まれるペット保険 

家族の一員として暮らしているペットが突然ケガや病気をしてしまったら・・・

そのような場合に備えておくのは飼い主の責任です。

しかし、ペットには公的な健康保険の制度が無く、治療費は全額自己負担のため、今は健康なペットが急にケガや病気をしてしまったら十分な治療を受けさせてあげられるだろうか・・・と不安を覚えることになります。

そのようなとき、ペット保険は、飼い主にとって心的・金銭的負担を軽減する手段といえるでしょう。

また、獣医師にとってもペット保険は大切な意義を持ちます。ペット保険に加入していない患者の経済事情を推し量り、最善の治療ができないことが多いためです。

ペット保険は飼い主の負担を軽減することで、飼い主、ペット、獣医師ともに作用し、最善の診療を施すことを助けています。

2.ペット保険から生まれる社会の好循環

ペット保険の目に見える役割は、ペットを飼う家庭の経済的負担を軽減するということです。しかし、それだけではありません。費用の部分にとどまらない大きなメリットがあるのです。

ペット保険に契約して診療費の負担が少なくなることで、動物病院に行きやすい環境になり、早期の来院が可能になります。それによって、病気の早期発見・早期治療がかなうのです。

また、来院するペット数、疾患数が多くなれば、それだけ獣医師の臨床の機会が多くなり、医療知識や技術が向上します。

さらに、動物病院間の切磋琢磨にもつながり、設備やサービスなど、より良い動物医療環境が整備されていくことで、より動物病院に行きやすい環境が整います。

すなわち、動物医療を守り、 人にとっても経済的、社会的な「安心」を生み出すことにつながり、社会的な好循環が繰り返される環境が生まれてくるのです。

3.早期発見・早期治療

診療費を気にかけることなく、必要を感じたときにはすぐにペットを病院に連れて行きたい―そんな気持ちから、ペット保険の契約者が増えています。

診療費用を全額自己負担せずに済めば、病院に行きやすくなります。それは、病気の早期発見・早期治療につながるので、結果的には治療のための時間も費用もより少なくて済むということにもなるのです。

また、保険を利用すれば、費用の高い高度医療を選択しやすくなり、治療法の選択肢も広がることでしょう。それは、動物医療の発展にもつながります。

寿命の短いペットにとっては、人間にとっての1年が4年にも匹敵します。病院に行くのが1日遅れるとペットの症状はかなり悪化してしまうのです。保険を利用して、早めに受診しましょう。

一括資料請求スタート