ペット保険の検討には一括資料請求がべんり!

SBIホールディングス

メニュー

他人へケガをさせた場合の補償って無いの?

例えば、ワンちゃんが散歩中に通行人に噛みついてケガをさせてしまった。

こんなときに相手へ治療費などを支払う「賠償責任」が発生します。

こんなときに役に立つのが「ペット賠償責任保険」となります。

賠償責任とは

補償額や補償内容は各保険会社によって異なりますので、詳しくは保険会社にお問い合わせいただければと思いますが、一般的に賠償責任の範囲は「他人へのケガの補償」だけではなく、モノの補償も含まれてきます。

クツに噛みついて破損させてしまった場合などがケースとして考えられます。

但し、賠償というのはあくまで他人のケガやモノを指しますので自分のクツを噛まれて破損しても補償の範囲には含まれませんのでご注意ください。

更に、ワンちゃんが散歩中に向かい側からやってきた他人のワンちゃんに噛みついてケガをさせてしまった場合、これはどうでしょう。

こちらもペット賠償責任の補償範囲になってくるようです。

また、賠償責任は日常生活に起因して発生したことに対して補償をしますので、例えば闘犬同士が競技の中でケガをしてしまった場合は補償対象外となるようです。

その他にドッグラン内でのワンちゃん同士の衝突によるケガも補償対象とならないこともあります。

他保険商品との関係

最後に一点、自動車保険にも「個人賠償責任特約」(名称は保険会社によって異なる)が付帯できます。

こちらも詳しくは保険会社にお問い合わせいただければと思いますが、ペット賠償責任特約の補償範囲と重複する可能性があります。

両方で特約を付帯すると、この「特約部分に関しては」重複して保険料のムダになってしまう可能性がありますので注意してくださいね。

一括資料請求スタート