ペット保険の検討には一括資料請求がべんり!

SBIホールディングス

メニュー

ペットの食事とおやつ

ペットフードは日々進化や改良をしておりペット種別、目的別、ライフステージ別、機能別など様々な種類があります。

ペットの健康のために、成分をきちんと確認して合ったものを選びましょう。

主食となるペットフードは、ペットフードと水だけで栄養が補えるように作られており、水分含有量によって下記に分類されます。

ペットフードの分類

・ドライ

水分含有量が10%かそれ以下のペットフードです。水分量が少ないことで長期保存に適しているようです。

カリカリしているもので、よくみかけるタイプです。

・セミモイスト、ソフトドライ

水分含有量25~35%程度のペットフードです。水分量が多いのでカビ対策など、保存には注意してください。

・ウェット

水分含有量75%程度のペットフードです。缶詰になっていることが多く、開封前は長期保存に適しています。

一方でドライと違って、開封後は痛みやすいので注意してください。

 

また、犬用と猫用ではフードに含まれている成分が異なります。猫は肉食、犬は雑食だからですね。

人間と同じ食事を与えてしますと塩分のとりすぎになることもあるようなのでお気を付けください。

ペットのおやつ

ペット用ケーキやスイーツも販売されております。

人間と同じように食べ過ぎは肥満につながるので与えすぎに注意しながらしつけのご褒美としてペットとのコミュニケーションにうまく活用しましょう。

また、生後1年ぐらいまではおやつは控え、維持期を過ぎてから与えるようにすると良いです。

成長期では骨や内臓が作られていく時期のため十分に栄養を摂る必要があるためです。

 おやつの種類

種別によりますが、ペットの食費は平均で8,000円ほどかかるようです。

フードを選ぶときは、目的、原材料・成分、健康状態から、ぴったりものを選びたいですね。

一括資料請求スタート