ペット保険の検討には一括資料請求がべんり!

SBIホールディングス

メニュー

不在時の強い味方~ペットシッターとペットホテル~

友人との旅行、突然の出張や入院。誰かに愛犬を見守ってもらいたいけど、近所にお願いをできる人もいない。

そんな自宅不在時の強い味方が、ペットシッターやペットホテルです。いずれも愛犬を預かってくれるサービスの総称ですが、それぞれの特徴を見ていきましょう。

環境変化の負荷が少ないペットシッター

ペットシッターへ預けることで、トイレや散歩から食事まで、ペットの身の回りすべてのお世話をお願いすることができます。中には散歩のみの代行サービスも存在するようです。

ペットシッターを利用する一番のメリットは、環境負荷が少ない事。

普段から慣れた環境でペットのお世話をすることで、必然的にペットへのストレスが軽減されます。

一方でシッター不在時には、ペットが置き去りになってしまうので緊急時の対応等、注意が必要です。

24時間体制のペットホテル

ペットホテルの多くは24時間体制です。複数の動物を一括で預かることで、24時間監視の体制が敷かれています。

また、ペットサロンや動物病院が併設されているところもあり、食事、散歩等の生活関連のサービスだけでなく、医療やトリミング等のサービスも受けられるのが特徴です。

ペットシッターにはない魅力は、24時間体制であることですが、自宅と環境が異なるので、その違いにペットが適用できるか注意が必要です。

普段使っている用具や、食事を持ち込む等、可能な限り自宅と近い環境にするのが重要でしょう。

利用料金

ペットシッター・ペットホテルともに時間で料金が変動します。

基本的にペットシッターの利用料金は大よそ1時間2,000円~6,000円、ペットホテルは1泊3,000円~6,000円が一般的です。

ペットの大きさ等によっても値段は変動しますので、ご自身で調べてみることをお勧めします。

利用にあたって

ペットシッター、ペットホテルも利用にあたって、下記予防接種の証明書が必要です。

・狂犬病予防接種証明

・混合ワクチン証明書

これらの他にも、飼い主の身分証明書等の提出が求められる場合があります。

お申込みの際には、必要書類の準備をあらかじめしておきましょう。

結局どっちが良いの?

ペットによって、ストレス耐性が異なります。長期間の利用の前に、数時間や一日の短期間で利用し、ペットシッターとペットホテルどちらがご自身のペットにとって良いのか検討してみると良いかもしれません。

一括資料請求スタート